TEL:052-508-7373
ブログページ

司法書士とブログと私。

 

名詞を「と」で三つ繋ぎ、最後を「私」にすると、とっても90年代っぽくなります。

そんな浅井がお送りします。

特に「愛するあなたのため♪」な内容ではないので、ご安心を☆

 

最近、「ブログ読んでますよ!」といってくださる方がちょっと増えた気がします。

ご依頼者、お客様というよりかは、同業者さんや、お世話になった方、知り合いといった方々が中心ですけどね。

 

父親に「ブログ読んでるから★」とカミングアウトされたこともあるので、一概にすべてを喜ぶわけにはいきませんが、

ご愛読ありがとうございます。

皆さんの気分を害さない程度に、信頼を失わない程度に、自分らしいブログを続けたいと思います。

 

ところで、ブログを更新しながらいつも考えているのですが、インターネットからかの集客がほとんどない当事務所のこのブログは何かに役に立っているのでしょうか?

結構立派なHP作ってるわりには、そんなもんかと思われそうですが、そんなものかもしれません。

 

もちろん、HPを見て、ご依頼を下さる方、大歓迎をさせていただきます。今なら、特典で、、、(以下、略)???

、、、、調子に乗ったこと書きましたm(_ _)m

 

ちなみに、当初から集客の連絡をバンバンもらうために作ったHPではないので、その点はお間違いなく。というか、ご心配なくどうぞです。

HPを作ってくれた業者さんは最高です(^^)v 希望以上の運営ができています。 絶大の信頼ありっす♬

 

ブログでは「浅井は生きてるよ」、「司法書士だけど、こんな人だから、安心してね(むしろ、心配されないよーにしないとな)」と、訴えているのでが、できればもう少し仕事に繋げる努力もしたほうがよい気もしています。(というか、言われます)

 

同業者の仲間にはネットを駆使し、得意分野で活躍したり、登記業務の受託窓口にしている方々もいらっしゃいます。

うらやましいと思いつつ、その土俵に上がらない自分は臆病なのか、ビジネスが下手なのかと思う次第です。

ただ、SEO対策専門の業者さんに高いお金を払って、顧客を掴み取るってのが、今、僕の事務所がすべきことでもないとも考えています。

そうせずに上位表示される技量のある事務所さんには脱帽です。すごいと思います。(^^;)

 

僕の理想は、「たまたまHPやブログを見つけてくれた人や、見つけてくれてた人の紹介で、この事務所いいなぁ、この司法書士いいなぁって思ってくれて、ご連絡いただけたら嬉しいです」というものです。

というか、ほぼ妄想なので、現実化したら祝杯を挙げたいと思います☆

 

仕事好きなんですけどねぇ。でも、その好きな仕事を取りに行かないのは、怠慢なのか、、、、なんなのか。。。

 

それでも、無理せずに、自分らしく仕事を一生懸命に仕事ができていることが幸運なようにも思えます。

つらつらと書いて、オチが付いてきませんが、大丈夫。

 

まだまだ落ち着くほど、仕事量に満足していません!、、、

 

う~ん、あんまりウマくないな。。。。

むしろ、痛々しい(;。;)

 

完全にすべった感じをヒシヒシと感じます。これも芸風なのか!!!

 

そんなわけで、あんな先生やこんな先生に負けない、

面白い司法書士になりたい。そして、それを楽しみたい!!

 

そんな目標という野心をもっているのが、近頃の私です。

 

 

やっぱり、ちゃんと法律のこととかをブログにしたほうがいいのか、、、

最後まで締まらない内容でした ごめんなさいm(・ ・)m

 

法律家?実務家?

法律業といえば、弁護士がイメージされます。

そして、よく分からないけど司法書士も同じように法律業(法律家)だろうと推測されます。

 

あながち間違いではないと僕も思います。

ただ法曹と法律家を並べれば、司法書士もちょっとニュアンスが違うように感じます。。。

 

社会保険労務士や行政書士については、あまり法律業と言われない気がします。

もちろん、法律に詳しくないというわけでなく、制度に精通した「実務家」「専門家」と表現されることが多いように思います。

 

あくまで僕の主観と個人的な体験ではありますが、法律家はいっぱい法律を知っていて、すごく暗記力に長けていると思われ、

その点で、頭が良いと言われます。

真顔で「六法全書、すべて暗記したんですよね?」と聞かれることがあります。

無理です!

 

確かに、受験時代は条文をコツコツ読んで、判例の言い回しを咀嚼するように、記憶に刷り込んでいた時期もあります。

ただの暗記で司法書士の勉強は成立しませんし、むしろ「暗記力=頭良い」は時間(継続)と興味に比例した結果とも思うので、あまり繋がってないように思うのです。

 

話し変わって、実務家というと、なにか叩き上げの雰囲気すらないでしょうか?

経験は知識を勝るといいますか、テクニックや裏技をもってそうな、、、

偏見になるといけないですが、座学の勉強より、実際の現場でいろいろ打ちのめされて、強くなった人であることを期待したくなります。

 

浅井は「実務家」というほうが自分に合ってると思って、司法書士業務をしています。特に意味はありません。

ただ「法律家」もカッコいいと思います。

 

おじさんになって、ガリガリ勉強しちゃう、そんな少年のような大人?が多い環境に恵まれてると思いつつ、今日は(も?)勉強をサボって帰っちゃおうかなぁという誘惑に駆られています。

 

そして、迷いを断ち切るためにブログを書いていたのですが、たぶん今日は帰ります。。。

明日の朝やろっと、、と、そんな少年ころと変わらない大人?の自分に、今夜もカンパイ(←これは大人)です。

「地番検索サービス」の実施について

司法書士業務に欠かせない、「登記情報提供サービス」というものがあります。

いわゆるオンライン上で行う「登記情報の閲覧」なのですが、当然、不動産の登記の情報は「地番」や「家屋番号」から検索することになります。

この「地番」は、「住所(住居表示)」とは別物で、混同される(一致する場合もある)ことも多く、依頼者さんも「???」となることがしばしばです。

そこで、司法書士事務所はよく、ブルーマップを使ったりして、「住居表示」を「地番」ならば、どれに該当するか調査をします。

 

そもそも、「地番」では(実際の)場所が特定しにくいということで、「住居表示」が実施されたのですが、登記手続きではその逆追いする訳です。

で、この逆追いの作業が案外面倒だったり、ブルーマップを読み慣れていない人だと間違った確認をしてしまったりと、意外と曲者なのです。

 

そんな中、これオンラインでできるようになるというNWESが本日、飛び込んでまいりました。

http://www1.touki.or.jp/news/ オンラインで「地番の検索できるサービス」です★

「ありがとう民亊法務協会!!」です。

 

東京が先行して平成27年4月30日からということですが、待ち遠しい限りです。

 

ちなみに、今日、教えていただいた『地番』が間違っており、大変ビックリしました。

一棟売りの物件と聞いていたのに、敷地権のない区分建物で、複雑に共有した土地の持分とバラバラの区分所有者、そして抵当権と差し押さえのオンパレードの謄本で、この状態で登記手続の依頼がくるかと一瞬固まりました。

今回は間違いで良かったのですが、オンラインでドンドン便利になる分、また法務局へお散歩に行く機会は減っていきそうですね f(^^;)

 

そんな年度末の日常の独り言でした~♪

 

ちょっぴりHPを更新しました☆

先日のブログの通り、社会保険労務士の登録をしたことから、HPやブログにその名称を加えてもらいました。

ちょっとした変更でしたが、気づいてくれた、あ・な・た!!

 

いや、マジ、ありがとう!!(*^。^*)

 

 

当事務所の封筒やリーフレットのアイテムや、ロゴのデザインを手がけてくれている会社さんが、サクッと対応してくたださり、毎度ながら大変助かってます(^^)v

こだわりが余りないとか言いながら、僕の細かい注文やイレギュラーなリクエストも笑顔で応え、また期待以上に対応してくれるので、

僕もこういう仕事をしていきたいなぁと思う、そういう意味でのライバル会社さんです(笑)

 

自身の仕事の営業とバッティングしなくて、良かったぁ、ホント(^^;)

 

ちなみに、当事務所の封筒や名刺のデザインは、この「株式会社アトマ」(←こっちは会社HP)さんのブログ(←こっちに封筒)でみることができます。

 

というか、ちゃっかり宣伝していただけました☆ ありがとうございます!!

このあたりのサービス精神とか、やっぱり、いい仕事してますよね~♪

 

ちょっと、まじめな話をすると、この会社のおかげで、開業当初、全くと言っていいほど曖昧だった当事務所のコーポレート・アイデンティティを、しっかりと自認させていただく機会を得ました。

そんな専門家のしっかりしているバックグラウンドがあって、それに裏打ちされた結果や答えを導き出してくれるので、今後も継続して相談やリクエストを伝えたい大切な仕事仲間の一つです。

 

ロゴの「地に足つけた仕事・人と人とのつながり」という事務所の理念(ちょっと言葉が強すぎて苦手ですが)や特性、目指すべきところを明確にし、視覚化してくれたのは、とても自分の励みににもなっています。

 

そんな社長、デザイナーさんたちがホント親身になってくれるので、嬉しいですよね、そういうの☆

 

あ、それと、「浅井健司」や「司法書士 浅井」で検索されにくい問題(←僕が勝手にそう思っていただけですが)、

しれっと、対応していただき、しれっと解決してくれました。

僕が、このブログを始めたばかりの2009年6月30日に掲げた目標である(HPの検索エンジン上で)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宇宙一有名な浅井健司になること

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここであっさりとは達成されてしまいました。

 

 

軽く残念な気持ちすらありますが、やっぱ、もちは餅屋(^^;)」

プロって凄いですよね。

 

あとは、検索エンジン上での実績に負けないの自分(法律実務家)になっていくだけですね。

 

今日も、ホント感謝な一日です♪

 

 

司法書士 社会保険労務士 行政書士  浅 井 健 司

 

 

社会保険労務士業務始めました。

今月より、司法書士業務と行政書士業務に加え、社会保険労務士業務を開始いたしました。

 

社会保険労務士の資格は大学3年生のときに取得したものなので、かれこれ15年以上前の話になります。

正直、自分は直近の労働法等の改正について、復習というよりは再勉強をしないといけないレベルだと思っています。

 

もともと司法書士になる前は、会計事務所兼社労士事務所で厳しくも厳しく、お仕事させていただいたこともあり(僕の頑張りの礎になっていて、今も可愛がって頂き、本当に感謝です☆)、また労働局(名古屋中職安)に勤務したことあるので、業務としては懐かしいというか、なじみが深いです。

 

ただ、その分、この資格の大変さと責任の重さ、(試験や法律ではない)難しさも垣間見てきて大人になった自分もいます。

慎重に、かつ丁寧に、社会保険労務士業務を依頼者様に提供できるようにしていきたいと思います。

 

民法、会社法、商業登記法を得意とする社会保険労務士さんは少ないので、

(というか、司法書士試験と非常に相性の悪い試験なので)ニッチではありますが、頑張って行きたいと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

ちなみに、下記は司法書士、社会保険労務士、行政書士の徽章(バッチ)です。

 

バッチの写真

上から(順番は自分の得意な分野順ですm(_ _)m)

司法書士は桐の花(法務省の紋章 五三桐)

社会保険労務士は菊の花にSR(SRは社会保険(Shkaihokenn)労務士(Roumushi)の略)

行政書士はコスモスに「行」の文字をデザイン化したもの

 

個人的には司法書士のバッチが一番使い込んでいるので、愛着があります。

バッチが一番大きいのは行政書士ですが、弁護士バッチよりは小さいです。

社会保険労務士バッチは菊の花(あまり意味はないらしいけども)がカッコいいと思うのですが、

「SR」より、和テイストなほうが士業っぽくて好きだったかもな~と思う次第です。

 

どれも資格を取るまではただ輝いて見えた徽章ですが、今後は輝いて見てもらえるような仕事をしていきたいと思います。

 

 

あと、余計な知識ですが、

司法書士の徽章は18金のプラチナメッキです。(シリアル番号あり)

社会保険労務士の徽章は裏に「純銀金張」と書いてあります。

行政書士の徽章も裏に「純銀」とだけ書いてあります。

 

時間の経過でバッチに風格が出てくるものと思いますが、それぞれがどんな感じになっていくか、ひそかに楽しみにしています☆

バッチの雰囲気に負けないよう、いろいろ取り組んでいきます!!

 

 

司法書士 社会保険労務士 行政書士  浅 井 健 司