TEL:052-508-7373
個別記事ページ

頂いた手土産の考察

 

ご依頼者様が「軽い気持ちで持ってきちゃったんですけど、、、、」と恐縮されながら、下さった手土産です。

 

DSC_1285

 

「アサイー」一式です。

 

なかなか斬新な品々です。

共喰いって感じすらあります。

 

仕事で冴えないときは、玄米黒酢のアサイーを希釈せずにグイグイ飲んで、「喝」を入れてやろうと思います。

 

 

ところで、浅井が始めて「アサイー」を飲んだ(食べた?)のは10数年前の話です。

別にカッコ良く、時代を先取りしていたというのではありません。

 

たまたまリオデジャネイロのコパカバーナビーチのカフェスタンドで見つけました。

たまたま南米を縦断していたので、たまたま友達になったイスラエルのアーミーの友人と一緒に飲んだ(食べた?)わけです。

 

そう、人生は偶然の連続です。

 

若干のツッコミどころがあるかもしれませんが、いかんせん偶然なので、、、

 

さっきから「飲んだ(食べた?)」という記載をしているわけですが、

僕は「アサイー」というのは(というか、説明を受けたところ)

マッチョなお兄さんが、プロテインとガラナとアサイーをヨーグルトに混ぜて、食す、スタミナ食

という認識で今を迎えています。

なので、ビーチでも筋トレ?している人向けに販売している様子でした。

 

そんな中、昨今の日本で女子が好んでスイーツ的にたしなむのが、ちょっと滑稽に映るというか、、、

 

つまり、私的には

腹筋の割れた日焼けしたブーメランパンツのお兄さん達を思い出すんですよね、「アサイー」って(^。^;)

 

日本に入ってきたとき、マスコミの宣伝というか、販売者の恣意というか、なんか、ちょっと、凄いなって思ってしまうのです。

 

でも、体には良いみたいなので、同じ「アサイ」として、嬉しいとも思っています。

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です