TEL:052-508-7373
個別記事ページ

第3回民事信託士検定と民事信託に取り組む専門家

3年連続で秋の連休は民事信託の検定です。

僕は第一期民事信託士なので、以降2回は運営スタッフとして携わっています。

 

今年は自分自身のバタバタも重なってしまったせいか、終わったら、一気に疲れがでました。

検定を受けた弁護士、司法書士も同じく、もっとグッタリだったのではと思います。

(検定後にもさらに課題が出ている訳ですし、、、、)

 

検定を受けているときは、講義に、ディスカッション、あと情報収集・仲間集めの懇親会と、民事信託業務に本気で取り組もうとする人にとっては、一瞬の隙を与えないくらい、濃い時間を過ごしてもらっていると思います。

 

浅井も、毎年、いろいろな出会いや、勉強、経験を積ませていただいています。

いちスタッフであっても、意外と大変なので、やはり検定を受けている側はもっと大変です。

あ、でも、一番大変なのは検定委員会の面々ですが。。。。(ここの大変さには頭が上がらないです)

 

もちろん、受検すれば必ず合格するような検定でもありませんし、

検定の課題をこなすこと自体も、そんな易しいものではありません。

当然ですが、皆さん本職ですし、通常業務を抱えています。

時間をつくる努力と、気合を生み出すパワーがないと、なかなかやり遂げられないですよね。当然。。。。

 

順位を競う検定ではありませんが、

・スキームに安全が確保できない人

・契約書のミスを修正できない人

・自身の契約書を明確に説明ができない人

は僕の目から見てもパスは難しいでしょう。(プレッシャーかけときます!)

実務は当然、コピペで済まないですし、検定よりもっと難しいです。

その受検生のため、未来の依頼者のため、(大きく言えば)社会のために、未熟すぎる合格者はいないほうが良いと思っています。

 

実際、かなりのレベルにある民事信託士も謙虚な人が多いです。

民事信託業務は、そういうものというか、そうあるべきものなのかもしれません。

 

今回の検定を受けた方が全力で最後まで課題に取り組めることをお祈りしつつ、

年末には民事信託士の仲間となって、一緒に仕事に取り組めることを楽しみにしています。

 

 

なにやら上からの発言っぽいブログになってしまいスミマセン(>。<)

実際、ほんと、頑張ります、僕も

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル2階

司法書士浅井総合法務事務所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 浅 井 健 司

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です