TEL:052-508-7373
個別記事ページ

本人限定受取郵便

今日、司法書士認証局から電子認証用のカードが届きました。

届くと言っても、本人限定受取郵便(基本型)

こいつは、正確には自分の手元までは届かないんだな (^-^;

地元の大きい郵便局、または届いた後にお迎えに行かなければならないものなんです。

司法書士業務において、この本人限定受取郵便が使われることで有名なのは、権利証や登記識別情報がない場合の事前通知によるときです。

この場合は送られてくる葉書?に(特)と書いてあるようなので、基本型ではなさそうですが・・・

まぁ、とにかく、登記申請代理人としては、本人確認制度で手続きを進めたほうが、簡便で助かりますけどね☆

僕がした本人受取郵便(基本型)の流れは以下の通り

1 自宅に本人限定受取郵便が届いたとの通知あり

2 その封筒の中にある、受取先変更希望の電話をする(本人確認の聞き取り・生年月日等まで詳しく聞かれました)

3 職場近くの郵便局に配送

4 印鑑、免許証、送られてきた封筒をもって郵便局で受取(再度本人確認)

べつにさして特別じゃないと思われかもしれませんが、受取を2週間以内と限定されていた場合は結構シビアです。

7月25日発送

1 7月27日

2 7月28日

3 7月30日

4 7月30日

手短に受け取ったつもりが6日もかかったんですね~

つまり、受け取れる状態になってから土日をはさむと受け取れるチャンスは平日5日間程度で9時から17時くらい(局によって異なる)になるわけです。

なるほど、言われていた取り使いにくいと思った浅井でした~~ (゚ー゚;

ちなみに本人受取限定郵便の説明です。↓

  • 本人限定受取郵便(基本型)…日本郵便が指定する場所に、通知書と本人確認書類を持って取りに行く方法。配達してもらうことは出来ない。料金は100円。
  • 本人限定受取郵便(特例型)…日本郵便から届く通知により、配達ないしは指定された場所に取りに行くかのいずれかを選択できる(配達員ないしはゆうゆう窓口の担当者に、本人確認書類を提示し、その番号を控える事によって本人確認を行う形を取る)。主に、インターネットでのクレジットカード申込ないし銀行口座開設した場合のキャッシュカード送付時に行われる本人確認のために利用される。料金は100円。
  • 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)…特例型とほぼ同じで、日本郵便から届く通知により、配達ないしは指定された場所に取りに行くかのいずれかを選択できる(配達員ないしはゆうゆう窓口の担当者に、本人確認書類を提示し、その番号を控える事によって本人確認を行う形を取る)。相違点は本人確認書類の記号番号、本人確認書類に記載される名あて人の生年月日、本人確認を行った者の氏名、本人確認書類の提示を受けた日時が差出人へ通知される。特例型と同様に、キャッシュカード、クレジットカードの送付に利用される。料金は100円。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です