TEL:052-508-7373
ブログページ

熱さは大切(今年の名古屋は暑過ぎる)

最近、県外に出かけると「名古屋は暑いでしょう~」とよく言われます。

本当に暑くて亡くなっている方もいるので、今年についてはあんまり冗談も言えません。

仕事中は室内で活動がすることが多い業種ですので、

そんな人間が甘ったれたことは言っていてはいけないと、何か自戒する気分になっています。

 

最近お会いした先輩の司法書士で、

「司法書士は社会の負債では?」という疑問を投げかけて、業務に試行錯誤されている方に出会いました。

真面目で、きっちり、正しいことをしているつもりで仕事をしている仲間が多い業界で、

こんな提言をされたのは初めてで、衝撃を受けました。

 

確かに、報酬をいただきながら、業務に取り組んでいるんでいる訳ですから、ただ作業しているだけでは、依頼者のコストを増やしているだけかもしれません。

依頼者の希望や期待に付加価値をつけて、満足につなげて、それをお返しするのが当然である。

そんな基準で取り組む先輩を見て(キャラクターは相当立っていましたが)、ちょっと憧れを覚えました。

 

司法書士業をサービス業と言い切るのは、なかなか難しい論点もあるとは思います。

ただ、登記手続きを買いたい、信託手続きを買いたい、労務手続きを買いたいという依頼者はいないわけで、

その先にある、安心したい、ちゃんとしたい、トラブルを未然に防いでいきたいということに、

その依頼者の希望や期待があって、それを叶えることで報酬を頂いているのだと、ヒシヒシ感じました。

初心を忘れることなく、しっかりと業務に取り組みたいと、暑さに勝る、熱さに火がついている次第です。

 

高校時代、友人らに、もし浅井がピン芸人だったら、芸名は「MAX浅井」、コンビなら「常夏のストーブ」だなと言われて、自分でもなんか、しっくりきていたのを思い出しました。

こんなに暑いのに、ホント迷惑な人間かも知れません(笑)

 

そんな中、なんで、浅井が民事信託(家族信託)を業務の柱の一つとして仕事をしているかを考えていました。

 

この信託の手続き業務の先にある、何かに自分は期待しているわけです。

 

今のところ、それは、「正しいことを、正しく、ちゃんとやっていくために必要だから」だと気付きました。

それは、僕ら専門家にとっても、依頼者にとっても、社会にとっても。

 

例えば、

・高齢で判断能力が落ちていそうな方に、(ギリギリかどうかとか疑いながら?)契約をサポートしたり、印鑑を押してもらったりすること。

・被相続人が亡くなっているのに、その方の通帳から家族がコソコソ50万円ずつATMから後ろめたい気持ちで引き出しをしていること。

こんなことを黙認する法律職があってはならないのに、専門家である僕らが止めるようにしっかり止めていく社会にしなければならないのに、今の社会のままでは、どうもその方向に向かっていないように思うのです。

みんな苦しい胸の内がありながら、これを滅茶苦茶怒ったり、騒ぎ立てる専門家はかえって、非常識な人と思われるのが現状で、まぁ、聞いたことある話だな、まぁ咎めるだけじゃ解決しない話だね、、、って感じになっていいないでしょうか。

 

法律の専門家が正しいことを、正しく、ちゃんとやっていく、その道を依頼者に示していく、社会もその方向に変えていく、それがなんか、使命みたいなもんじゃないかなと思いました。

そう、それが「民事信託」を使えば、できるじゃないですか。

だから、きっと、僕は、推進したいし、普及していって欲しいのです。

 

熱さという熱量をもって、ここを目指すんだっていうエネルギーをもって、もっと頑張りたい。

 

気合系の法律実務家がカッコいいとは思いませんが、きっと、それでも、何かの小さくとも礎になれるんじゃないかと、

自分に期待して、自分を走らせて、自分を幸せにしてやろうと思います。

熱いと自覚しています。(頭の熱をちょっと冷ましてから、続きの仕事は冷静にしなくちゃな、、、)

 

でも、

やるぞ~~~~☆

やってやるぞ~~~~☆☆

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル3階

司法書士・社会保険労務士・行政書士

浅 井 総 合 法 務 事 務 所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 民事信託士 浅 井 健 司

 

 

家族信託・民事信託は「公正証書」があたりまえ!!

梅雨も明けて、夏本番の暑い一日が続きましたね!

車のエアコンがなかなか効いてこず、目的地に着いた頃にやっと冷たい風が出てきました。

 

冬は風邪予防、花粉予防に加湿器を5台稼動させている浅井総合法務事務所ですが、

先ほど、ネットショッピングで相談室用に除湿機を購入した次第です。

冷やすというより、湿度を快適にしたいんですよね~

 

さてさて、今月に入って、当事務所の同フロアにある葵町公証役場のポスターが変わっていました。

遺言、任意後見、信託、各種契約は「公正証書」で!

 

遺言や任意後見に並べて信託も公証役場の仕事と打ち出した、このポスターは非常に世の中の前進を感じます。

日本公証人連合会や法務省が、家族信託や民事信託を意識していることがヒシヒシと感じられます。

というか、公証人の先生も、家族信託・民事信託の流れを無視はできないという状況になっているのです。

 

なので、司法書士がこの世の中の流れ、要望を無視して良い訳がないのだ!!(と、浅井は思う)

 

毎月、公証人の先生方と家族信託・民事信託の勉強会をしているのですが、

その勉強会がスタートした頃より、明らかにレベルや知識が上がり、それ以上に関心の高まりを感じています。

数年前から取り組んでいてアドバンテージが自分にあるはずだなんて、、、、

そう、ウカウカしていられません、本当に!!

 

もっと良いモノを、もっと良いカタチ、もっと良いスキームを!

 

熱くなってきますよ、今年の家族信託・民事信託!!

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル3階

司法書士・社会保険労務士・行政書士

浅 井 総 合 法 務 事 務 所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 民事信託士 浅 井 健 司

 

 

もう夏至です。ということは、、、

今年が始まって、もうすぐ半分終わるそうです。

カレンダーを見ればそんなことは当然なのですが、何かそのスピードに不思議さがあります。

 

歳のせいだとか言うつもりは全くないのですが、ただ充実しているからだといわれると、それもピンと来ません。

家庭菜園の野菜は順調に育ち、今年もそれなりに収穫を楽しんでします。

時間の流れ、季節の流れはちゃんと感じています。

 

仕事ばかりやっているかというと、意外とそうでもなく、かといって、そんな無駄な時間も過ごしていない。

無駄な時間だって人生に必要だとも言われますが、時間は貴重なので、無駄にもしたくない。

 

やりたい事はやっているし、やりきれないくらい、やりたい事がある!

なんか、まだ少年ですね☆

 

みんなに時間は平等です。

そんなことを考える、一年で一番昼の時間が長い夏至。

 

浅井の睡眠時間は平均7時間30分。

まぁ、同年代の一般的な日本人より長い。

本当は、いわゆる、ショートスリーパーの方々に憧れるんですけどね。

 

でも、恐ろしく寝つきが良いのは、自分で才能と自負しています。

良く分からないけど感謝です。

ただ普段から人より、やけに明るく、テンションが高い原因は、多分、この睡眠スキルが原因です(笑)

 

昼が長くても、この睡眠時間に影響はない。

さぁ、今日もぐっすり寝ましょう♪

明日、後悔しないため、気持ちよく、全力を尽くせるように!

 

まったく仕事にも、司法書士にも関係ない、そんなブログの日があってもいいですよね♫

 

「その日その日が一年中の最善の日である(byエマソン)」

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル3階

司法書士・社会保険労務士・行政書士

浅 井 総 合 法 務 事 務 所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 民事信託士 浅 井 健 司

 

パワーアップしました。

さてさて、一ヶ月に一回くらいはブログの更新をせねばとおもいつつ、

もう5月も下旬ですか!?

 

最近、一週間のスピードが速く感じるようになったのは、何だろうって思っています。

きっと充実しているんだと思う反面、まだまだ自分の時間の使い方に甘さを感じるこの頃です。

 

そうそう、非常に、大切なお知らせですが、浅井総合法務事務所に新たに司法書士を迎えました。

大野真弘先生です。

実は、先月から当事務所の一員として頑張っていただいているのですが、

この度、司法書士登録を終えたので、各種登記手続きを中心に、もう大活躍中して頂いています。

(司法書士は試験に合格すれば、司法書士と名乗れるわけではないのです。)

 

もともと司法書士事務所の勤務経験があり、浅井も手放しに信頼できる仲間が増えて、嬉しい限りです。

またぼちぼち、ホームページの紹介ページを更新していきます。

 

浅井自身の写真も、だいぶ若い感じがしてきましたので、39歳になったおっさんらしく、

もう少し貫禄のある被写体になっていければと思っています。

 

やや体重が落ちにくくなった言い訳じゃなくてね♪

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル3階

司法書士・社会保険労務士・行政書士

浅 井 総 合 法 務 事 務 所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 民事信託士 浅 井 健 司

 

現代林業と研修講師(H30年4月)

なにやらブログの投稿が家族信託や民事信託で染まってきたしまったこの頃。

他にも楽しいことをいろいろしているつもりなのですが、ひょっとして、ただただ真面目を装っているのかもしれません。

 

今、一番、悩んでいるのは、昨年植えたキャベツがとう立ちして、丸まらずに垂直に伸びていることです。

なんか、このままいくと、花が咲きそう。

いっそ、この棒の形状のまま、食ってやろうかって思っています。

 

さて、結局、今日も話のネタは安定の家族信託、民事信託なのですが

まず、全林協さん(全国林業改良普及協会)の機関紙である「現代林業」の取材を受け、記事になりました。

平成30年4月号と5月号で連載として民事信託を取り上げていただいています。

いやはや、いろんなところで、民事信託が話題になってくれるのは嬉しいですね♪

やってて良かったです。稀有なチャンスをくれた素敵な先輩に本当に感謝!!

個人的には、チェーンソーや苗木を鹿や熊に食べられないようにする防護ネットと一緒に自分が掲載される経験が何故か妙に嬉しく、ニタニタと他の特集記事を読んでしまいました♪

森林信託という分野があるのですが、自分もいろいろ新たな発見ができて、刺激的でした☆

 

あと、今日は、東海税理士会豊橋支部さんの研修に呼んでいただき、民事信託の活用事例の講師をしてきました。

流石といいますか、会場も立派です!!

税理士の先生は民事信託の組成にも、継続にも、そして、終了にも必須の専門家です。

もう組成された事案に取り組んでいた、どうしたものかという先生からの質問もいただけました。

また、チャンスがあれば取り組みたいという方も会場の過半数以上で、これもまた心強いです。

 

逆に、取り組みたくない、または、まだ制度として疑問視しているというアンケートの結果もチラホラありました。

取り組みたい人のやる気を応援するのも大切ですが、むしろ、こういった慎重派の先生の安心を引き出せるような研修を今後、目指していきたいと思っている次第です。

 

いやはや、でも、なんにしろ、やっぱり楽しいですよね☆

 

あ、もちろん、普通?の不動産登記・商業登記の仕事もやってますよ。

むしろ、そっちのほうがやってる時間は長いです。

そっちも楽しいですし、楽しんだほうが良いですよね☆

 

とにかく、いろいろ、ありがたいです(^。^)v

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

名古屋市東区代官町35番16号 第一富士ビル3階

司法書士・社会保険労務士・行政書士

浅 井 総 合 法 務 事 務 所

電話052-508-7373

司法書士 社会保険労務士 行政書士 民事信託士 浅 井 健 司