TEL:052-508-7373
2009年9月 の記事一覧

期待を裏切らないことの難しさ

今日は今年度の司法書士の筆記試験の合格発表日でした。

お調子者の癖に要領があまり良くなく、いろんなところでつまづくので、僕は受験期間がだいぶ長く、そしてその分、沢山の挫折と不安な時期を過ごしました。

もちろん、自分だけがそんな憂き目にあっている訳でもなく、僕の周りの仲間も期間や形、状況は違えども、同じように苦しい経験を積んできました。

そして、今日、元来僕より先に合格すべき実力者で、受験仲間でもある友人が合格したとの話を聞くことができました。

本当に嬉しいです。

受験仲間の合格順序は違えども(僕より先輩が多数います)、この先も同じ司法書士という同じ土俵で切磋琢磨しながら、いや、バカをやりながら、今後も一緒に楽しめるのですから★

司法書士という職種はマイノリティであり、転勤もなく、そういう意味で同業者が一生ものの付合いを許される、僕は恵まれた仕事だと思います。

もちろん、細かい法令や、書類のチェックに気をつかい、嫌になってしまうようなトラブルも付き物の仕事かもしれませんが、そういう煩わしい似たような経験こそ、またお互い頑張ろうと言い合える環境を作っているので、恵まれた環境としておきます。(嬉しくはないけど)

僕の実力はまだまだ吹けば飛ぶようなものですが、強力なライバルが増えたことに今日は嬉しくて仕方がありません。

明日からもファイトだぁ!!!

 

でも、今日、思いがけない結果を突きつけられた仲間もいると思います。

まだ連絡を受けていないので分かりませんが、残念ながら実力者がその実力通りに合格できない試験であることも事実だと僕は思います。

そして、上手くいかないことが継続し、トライし続けることによって、反省も継続します。

そして、自分の能力を信じれなくなることもあります。

正直、僕も分をじれない(自信ない)状況に折れそうになったことが幾度もあります。

でも、実は凹んでしまう結果を決めたその原因には、結果ほどの努力やレベルの差はないのではないでしょうか?

きっと今年合格できた方も、同じような思いを繰り返した方が大半だと思います。

上から目線といわれれば、確かに本試験の苦しみがもうない僕には弁解できません。

ただ、あなたの一生懸命は期待を裏切ることはあっても、あなた自身を絶対に裏切りません。

辛いことを乗り越える力は持っていると僕は信じています。

そして、自分を責めず、これをステップとしてしまう貪欲さを、僕は期待します。

 

人は不可能なことに挑戦し続けられない。

人は頭が良いので、全く無理なことは最初からしない!

挑戦し続けられるのはその可能性があると自分が判断しているからだ!!

自信がないなんて、嘘。

きっとあなたは自分ができると知っています。

僕は、上手い酒をご馳走できる準備だけしています!!!

 

・・・・ちょっと熱くなりすぎましたネ。

 

もう少しクールでスマートなクレバーな人間になりたい。

今日は予定していた以上に忙しく、またせわしい一日でした。

忙しくなることが分かっていて、事前に準備してあったのにもかかわらす忙しかったので、先週末ちょっと頑張っておいてよかったと思う反面、もっと頑張って準備した方よかったかなぁと思う始末です。

8連件の申請で10人以上の関係当事者等が集まる立会いに午後は少しお疲れモードで、夜になってぐったりしているところに、男友達から

「今日本格的に失恋したので、今後ともお互い頑張ろう」とのメールをいただきました。

ごめんよ、文章の前半部分になにか特に励まされた気がします。

なんか頑張ろうな!!!

 

にしても、こいついい奴だ・・・

親近感というか、このぐったりしている時に仲間って感じがしてしまいます。

今晩はキンキンに冷やしたビールをグビグビいきたい浅井でした。  (^^;)

結婚記念日のプレゼント

スピードは出ないけど、ちっちゃな赤い折りたたみ自転車で全力前進中に妻から電話が。。。

「お弁当忘れてってない?」

そう、何かを忘れているような気がして自宅を後にしたが、弁当を忘れた。

とういか、作った後の後片づけも忘れたし、そもそも、作った物を冷まそうと、お皿に広げたままで、弁当箱にすら、まだ格納することも忘れていた。。。

「ごめん、申し訳ないけど食べておいて」

と、伝えた後電話を切ったが、もう一つ言い忘れたことがある。

 

・・・今日の卵焼きは、以前「ダシが出しっぱなし」で紹介した白だしの封を開封して作ってみたんだけど、どうも失敗していると思われます。

自分でいうのもなんですが、きっとおいしくないと思います。

昨日、君が作ってくれたおかずの残りを中心にお楽しみ下さい。

いらない置き土産してごめんなさい m(_ _)m

 

ふざけて通勤しているわけじゃありませんよ

 

涼しくなってきたとは思いつつ、今日は蒸し暑い一日でしたね (^^;)

最近、外の風が快適なので自転車通勤を始めました。

まあ、先日の結婚式の二次会で当たった例の折りたたみ自転車で。

自宅から事務所までおよそ30分強。

正確に言えば、行きは35分くらいかかり、帰りは30分かかりません。

坂道と信号のつながりが主な原因ですが、ちょっと折りたたみ自転車で移動する距離ではなさそうですよね・・・

地下鉄の駅が近いのに、あえてこの通勤方法を選んでのは、エコでも、節約でも、時間短縮のためでもなく、ちょっとした運動不足解決と、せっかくあたった自転車の活用(まぁもともともう一台折りたたみ自転車を持っているんですが)、そして何より自分にゆとりの幅をもたせるためです。

というのも、この小さなチャリは通勤にかかる費用を除けば、どう考えても(時間的、体力的に)効率的なものではなく、ある種の無駄がある通勤手段です。

で、ならばその無駄を省いた通勤方法を選択すべきだというお考えはもっともなのですが、そこにミソがあります。

つまり、この通勤手段を採用している限り、僕はまだ無駄と分かっていて目をつむれる(時間的、体力的)余裕があると、自分で確認できている訳です。

なんというか、本当はもっと仕事に回す時間も能力もあるんだけど、出し惜しみしてるのさっていう強がりです。

まぁ、でも少しかも知れませんが、追い込まれた自分ならこんなことは出来ませんしね。

自己満足の自己暗示ともとれますが、こういった余力があると思えるときは、自分の判断基準で仕事も遊びも十分充実させられるものだと思っています。

といわけで、浅井は元気にやっているよという、そんな報告でした (^0^)/

 

とはいえ、オバちゃんのママチャリにガンガン追い抜かれていくマイチャリの速度に対して、お金を貯めてカッコイイ自転車が欲しくなってしまう、そんなことも思った一週間でした。(せっかくもらった折り畳み自転車の有効活用の意味を否定してますよね・・・・)

 

引っ越し その2

 

ブログの公開先を変えると、こうも違和感があるものでしょうか?

いつもながらに使っていたものが通常になって、それがまるで一般的のような、常識のようなと感じてしまう錯覚にしっかり陥っています。

まだ僕にはソネットさんよりココログさんのほうが使いやすい感覚がたっぷり残っていて、なかば未練がましい書き込みっぷりがなんとも情けない感じです (^ ^;)

ですが、

先日の同期の飲み会で一緒になった友人(先輩ですが・・・)に、「浅井君のブログの広告を突き進んでいくと、女の子が上半身裸の画像に行き着いたことあるよ、さすが浅井君らしよね」と言われてしまったのもブログの引っ越し理由の一つです。

ええ!?

と、思いましたが、どうやら事実・・・

ブログを書いている自分自身が気づかなかったです。。。

 

惜しいことした!!!

 

じゃなくて、教えてくれてありがとうございます!

知らずとはいえ、怪しいサイトを手助けする困った司法書士なる羽目になりそうでした~

くわばらくわばら

 

 

 

1 / 3123