TEL:052-508-7373
2009年7月 の記事一覧

スケールは大きくいこう!

床について30分後くらい、

「暑くて眠れないよう、暑い、暑い~」

と嫁さんが言うので、思い切って

「夏と僕とどっちが好き?」

と聞いてみた。

「・・・・・・・・」

「・・・・・・」

「・・・」

「・・・自信無さ過ぎじゃない?」

と言われた。

夏に負けない浅井でした☆ ( ̄ー ̄)ニヤリ

本人限定受取郵便

今日、司法書士認証局から電子認証用のカードが届きました。

届くと言っても、本人限定受取郵便(基本型)

こいつは、正確には自分の手元までは届かないんだな (^-^;

地元の大きい郵便局、または届いた後にお迎えに行かなければならないものなんです。

司法書士業務において、この本人限定受取郵便が使われることで有名なのは、権利証や登記識別情報がない場合の事前通知によるときです。

この場合は送られてくる葉書?に(特)と書いてあるようなので、基本型ではなさそうですが・・・

まぁ、とにかく、登記申請代理人としては、本人確認制度で手続きを進めたほうが、簡便で助かりますけどね☆

僕がした本人受取郵便(基本型)の流れは以下の通り

1 自宅に本人限定受取郵便が届いたとの通知あり

2 その封筒の中にある、受取先変更希望の電話をする(本人確認の聞き取り・生年月日等まで詳しく聞かれました)

3 職場近くの郵便局に配送

4 印鑑、免許証、送られてきた封筒をもって郵便局で受取(再度本人確認)

べつにさして特別じゃないと思われかもしれませんが、受取を2週間以内と限定されていた場合は結構シビアです。

7月25日発送

1 7月27日

2 7月28日

3 7月30日

4 7月30日

手短に受け取ったつもりが6日もかかったんですね~

つまり、受け取れる状態になってから土日をはさむと受け取れるチャンスは平日5日間程度で9時から17時くらい(局によって異なる)になるわけです。

なるほど、言われていた取り使いにくいと思った浅井でした~~ (゚ー゚;

ちなみに本人受取限定郵便の説明です。↓

  • 本人限定受取郵便(基本型)…日本郵便が指定する場所に、通知書と本人確認書類を持って取りに行く方法。配達してもらうことは出来ない。料金は100円。
  • 本人限定受取郵便(特例型)…日本郵便から届く通知により、配達ないしは指定された場所に取りに行くかのいずれかを選択できる(配達員ないしはゆうゆう窓口の担当者に、本人確認書類を提示し、その番号を控える事によって本人確認を行う形を取る)。主に、インターネットでのクレジットカード申込ないし銀行口座開設した場合のキャッシュカード送付時に行われる本人確認のために利用される。料金は100円。
  • 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)…特例型とほぼ同じで、日本郵便から届く通知により、配達ないしは指定された場所に取りに行くかのいずれかを選択できる(配達員ないしはゆうゆう窓口の担当者に、本人確認書類を提示し、その番号を控える事によって本人確認を行う形を取る)。相違点は本人確認書類の記号番号、本人確認書類に記載される名あて人の生年月日、本人確認を行った者の氏名、本人確認書類の提示を受けた日時が差出人へ通知される。特例型と同様に、キャッシュカード、クレジットカードの送付に利用される。料金は100円。
  • 司法書士・報酬・格安2

    先週の記事の続きです。

    司法書士事務所を利用して自分の登記手続きを完了させていけど、費用は抑えたい。

    けど、どうしていいか分からない人と一緒に考えています。 (* ̄ー ̄*)

    前回は司法書士の報酬は見積りを取らないと実際の金額が分からないし、相場が見えにくいことについて記載しました。

    今回は、じゃあ、どういう事務所が安いかを検討したいと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    最初に間違えがあってはならないので、登記を仕事とする人間として宣言します。

    報酬が安い ≠ 良い司法書士

    報酬が安い ≠ 正義

    報酬が安い ≠ 依頼者のため

    報酬が安い ≠ 安全性の低い登記

    報酬が安い ≠ 偉い・すごい・いいこと・悪いこと・変なこと

    ただし

    報酬が安い = 依頼者に経済的なメリットがある(お金の負担は少なく済む)

    のは、まぎれもない事実です。

    では、報酬が安い場合はどういった状況で考えられるのでしょう?

    僕が思うに、

    1、薄利多売ならぬ、大量に請け負い、ルーチンワークの登記業務を行う場合

    2、開業したばかり等、とりあえず仕事が欲しい場合

    3、利益度外視で、なんらかの呼び水の為に行う場合

    4、激戦区であり、周りとのダンピングが熾烈な場合

    5、依頼者が親戚、友人、知人である場合

    がメジャーな理由だと思います。

     1 はよくあるビジネスモデルだと思います。

    正しく報酬を下げた結果の一つだと思います。

    大手事務所が意外と報酬が高くなかったりするときは、このパターンでしょう。

    ただし、このようなラインにのって登記手続きを終えられるのは、運に近い気もします。

    なんせ購入等した不動産によって選ばれるのであり、司法書士事務所自体を選ぶものでないことが多いでしょうから・・・・

     2 もありえます。ただ若手は不安だという人にはお勧めできません。経験と実績が少ない分を割り引いてくれる、美容室のカットモデルに近い状況です。

    ハズレもありますが、アタリもあります。

    ただ、高額財産でハズレは困りますが、、、、 (-_-X)

    お勧めではないかも

     3 はさらにお勧めしません。

    まぁ、後ろで次の仕事を狙っているのが何によるかが問題ですが。。。

    僕なんかは小心者で、ギャンブルは嫌いですし、原因の分からない割引は後で損するんじゃないかと、気持ちが悪いです。

     4 探せたら正解だと思います。

    ただ、自分の地域がそうなのかどうかは分からないですし、これも運によりますよね。

    田舎では競争は少ないので、都市部の一部でありうるのかもしれません。

    ネット上の広告は激戦区の様子を見せ始めていますが、この値段とサービスばかりは本当に保証できるものじゃありません。 (;´Д`A “`

     5 今回はこれが一番お薦めです。

    当たり前ジャン、と言われそうですが、安心かつ最安値の可能性が高いです。

    司法書士も人間ですから、自分の付合いのある人間から暴利は取りません。

    というか、そんな司法書士には誰も付き合ってくれないですよね (^-^;

    でも、この選択肢には一つ、難関があるように思えます。

    司法書士とどうやって知り合うか?

    その辺は後日紹介するにしても、意外と回りにいるのでは?

    というか、誰かが周りで司法書士を利用した事があるはずですよ~

    司法書士自身も、一回依頼を受けたことのある人の紹介であれば、何者か分からない人間の仕事より物凄くリスクが低くなるわけですから、それを報酬に反映することは良くある事と思います。

    これはネットで安い値段を探すより、タウンページで電話かけまくるより、友達等に知り合いがいないか?一言かけてみるの方がより安い報酬につながる確立が高いと思います。

    僕なら最低限、依頼の前に司法書士にEメールを送るなどして、知り合いっぽくなることも検討しますね。

    司法書士も安心できる相手のほうが、報酬は低くても有難い仕事ですから (◎´∀`)ノ

    あと、

    6、報酬が安いことが正義だ信じている人の場合

    ・・・・例外的だと思いますが、この手のタイプは人間的にいい人であっても、司法書士が登記を業することで存在していることと究極的には矛盾します。司法書士業は法的なサービスによって対価を得るビジネスという側面は覆らないです。

    極論になれば、この考え方はタダで登記を代行しますというのと同意義になるので、違法に近い状況、というか、司法書士を名乗るには安くない会費だって毎月払わなければならないし、諸経費もいろいろあるので、存在し得ないことになると思います。

    少なくともそんな輩を僕は知らないので、いるなら教えて欲しいですね~~。

    司法書士業務は高額財産のリスクと隣り合わせですから、ボランティアさんがその損害賠償まで払ってくれるなら、その人の僕は存在意義は認めます。

    その人はきっと

    世のため、人のために自分を犠牲にしている人 ≒ 正義の味方

    なのかもしれません。

    生活できないし、ちょっと憧れ得ない存在ですが。。。。

    僕も正義の味方には成りたいですが、

    自己犠牲 ≠ 正義の味方

    であって、

    自分のHAPPY × 相手(まわり)のHAPPY + 自分の頑張り = 正義の味方

    と信じていたりします。

    最後が青臭くなりましたが、また報酬については検討しま~す ψ(`∇´)ψ

    天気がもたらす予定変更について

    今週末は突然の大雨によって、予定変更を余儀なくされました。

    それほど重大な変更はないけれど、それなりに不達成や不都合に見舞われた気がします。

    晴れる日もあるけど、雨の日だってある。

    上手くいくこともあれば、ダメなときもある。

    なんとなく同義語な気がするんですよね (゚ー゚)

    だから別に天候の都合で落ち込んだり、悩んだりは基本的にはしないようにしています。

    自分にとって特別な日や大会、旅行や最近であれば皆既日食を見逃したりしていれば(見逃しましたが)、きっと言えたコメントではないのかもしれません。。。

    まぁ期待が外れれば残念なことには変わりませんから (ノ_-。)

    ただ、今日、納得いかなかったのは、車で5分程度のところに人を迎えに行く際に、かなり激しい通り雨に見舞われたので、少し待って、それでも止まないからずぶ濡れになって出発したもの、3キロも離れていないその場所は一度も雨が降ったこともなく、そのあとも雨はしばらく降らなかったこと。

    なんか僕が自作自演して、到着が遅くなったことの言い訳をしているような空気は少し居たたまれなかったです゚゚(´O`)°゚

    ゲリラ豪雨って名乗るのも構わないが、そんな小さい範囲で大暴れしないでくれ~~

    ちなみに調べてしまいましたが、ゲリラ豪雨とは、局所的大雨の意味で使われる造語で、10km四方程度の範囲で100mm、一時間程度の雨が降ることらしいです。

    ゲリラはあらかじめ敵を定めずに遊撃し、その錯乱に乗じて戦うということから考えると、今回の雨は敵を僕に絞って、そして半径1キロ前後に土砂降りを起こす、ゲリラにしては不平等だなぁと思ってしまう、夏の夜の雨でした。

    。。。。いとおかしくない (゚ー゚;

    この仕事楽しいです。

    司法書士の仕事の醍醐味は?

    と、考えてみた。

    銀行での決済、複雑な相続関係の処理、会社設立・運営、後見業務、はたまた債務整理からの弱者救済(最近はプロボノ活動というより、ビジネスですね・・・)。

    いろいろあるのかもしれません。

    で、僕の一番の醍醐味は

    この仕事の後にいろいろな仲間たちと楽しくお酒が飲めることです (゚▽゚*)

    守秘義務の点はちゃんと管理しますが~~

    ネタに困らない、まわりのポジティブさが素敵です。

    登記は細かくて地味というイメージも正解だと思いますが、人間関係の縮図を扱う仕事はやっぱり楽しいですよ♪

    1 / 612345...最後 »